新着情報
ご家庭での災害対策・維持継続計画【家庭版?BCP】

2016.11.16

いかに精緻なBCP発動基準を策定しても、家庭の被害を目の当たりにした社員がBCPどおりに行動するか?。経営者の皆さん!自信ありますか?
 
予め組織的に、従業員向けの「家庭での災害対策・維持継続計画(家庭版BCP)」情報を提供しておけば、いざ災害発生の時、従業員自身が主体的に家庭と職場への自身のパワーの配分・行動計画を立てやすくなる。そして安心し確信をもって、家庭から職場へと意識を向けられる、と考えます。

災害発生時、家庭人でもある社員が取るべき対応

1.自分の身を守り、家族を守る ⇒ 安否の確認
2.(片付ける前に)被災状況をまずデジカメで撮る ⇒ 損保への請求、罹災証明書請求のため
3.罹災証明書の請求 ⇒ あらゆる公的支援を求める際に必要となります。

記事を編集