組合のサービス
私たちが提供するサービス体系

実効性あるBCPづくりのため、学ぶ、策定、浸透、磨く、評価の五つのポイントでサービスを提供します。

私たちが提供するサービス体系:

イザという危機時のみならず、平常時にも役立ち、実効性のあるBCPづくりのため、 必要となる「学ぶ」、「策定」、「浸透」、「磨く」、「評価・改善」をトータルで お手伝いします。日程、実施内容は事前にご要望を確認し進めます。 また、参加者の方々が主体となって考えていただけるよう、ワークショップ形式で 進めるといった方法も活用します。

「学ぶ」:各種ニーズに合わせたセミナー・研修サービス

災害から命を守る防災活動
BCPの必要性、BCP策定の進め方、各種BCP書式の解説
平時に生かすBCPの考え方など
お客様のご要望や状況に合わせた研修を行います。

まずはお気軽にご相談ください。

「策定」:BCP策定のご支援

集合型または個別型など、ご要望に合わせた進め方にてします。

集合型とは同業者や組合、団体など策定される組織が複数参加し、同一のBCP書式を利用し策定するという進め方で行います。

個別型とは、策定を希望される組織に訪問し、策定メンバーの方々のBCP策定をご支援・アドバイスしながらBCPを策定するという進め方です。

集合型、個別型ともご要望の回数に合わせて実施することが可能です。
回数が少ない場合は、方針の明確化やBCPを書式を作成しながらBCPの考え方を体験し理解するという程度になることがあります。

どのレベルを目指すか、どんな進め方が良いかなどご要望に合わせご提案しますので、お気軽にご相談ください。

「浸透」:策定したBCPの普及・浸透を支援します

策定されたBCPの考え方が組織全体に浸透しないと、いくら素晴らしいBCPを策定しても、「絵に書いた餅」になる可能性があります。
BCP浸透のの考えが浸透すると非常時だけでなく、平常時の業務運営にも効果が現れてきます。従って策定したBCPの考え方を組織内に浸透することは重要な活動となります。

お客様の状況や要望に合わせ、このBCP浸透のお手伝いを致します。

「磨く」:訓練の企画・実施を支援します

BCPは策定して終わりでなく、策定してからが始まりと言われています。
実際の危機に見舞われた時、その状況は「想定外」が多く、BCPが機能しないといった事例も過去に多くありました。
そこで、危機的状況を想定した訓練や参加者にシナリオを知らせない訓練など、目的に応じた訓練を実施することは非常に重要といえます。
イザという時の柔軟な対応力を有する人財の育成にも、訓練は有効となります。

お客様のご要望に合わせ、机上演習、図上訓練、実動訓練などの方法で、目的にマッチした訓練の実施を企画を含めお手伝いします。

お気軽にご相談ください。 

「評価・改善」:策定BCPの第三者評価や改善に向けたアドバイスを行います

策定済みのBCPや運用を含めたBCP活動について、第三者の視点で診断・評価を行います。第三者の視点での診断・評価とアドバイスを得ることで、より効果的な改善に取り組めます。

お気軽にご相談ください。